satoh-prf.jpeg

佐藤 克行(さとう かつゆき)

倒産アラーム(㈱オフィス佐藤)代表取締役社長

1953年、北海道の旭川で大工をしていた父の長男として生まれる。母方の先祖が東北地方で我が国で初めてとされるデパートの前身である商店を開業し繁盛したようだ(当時の写真は残っている)。その血を引いているためかかなり商魂だましい旺盛である。大学卒業後一貫して経理業務に従事する。その45年の間の会計監査は500社を数える。特にその内の100社余りには資金繰りまで関与する。また数社の経理・財務の取締役を歴任する。その経験から導き出された信条は「会社という生き物は資金繰りに始まって資金繰りに終わる」ということである。このメッセージは書籍、商工会議所コラム、そして大学の講義などで発信中である。

 

・大東文化大学経営大学院卒業

・税理士資格取得

・商工会議所指導員

・実務簿記学校経営(士學舎)

研究項目(テーマ)

・行動会計理論(意思決定と洞察理論)

・倒産予測モデルの開発(法人という組織はいつかは崩壊する)

 

著書

・「資金繰りの達人」ギャラクシーブックス

・「経理事務員はなぜスターになれないか?」税務経理協会

根本寛也 プロフィール写真.jpg

根本 寛也(ねもと ひろや)

倒産アラーム(㈱オフィス佐藤)専務取締役

 

1988年、埼玉県鶴ヶ島市で個人事業主をしていた父の次男として生まれる。大学卒業後、地方銀行で融資営業業務に携わり5年間勤務。プロパー融資、保証協会付融資の与信判断から融資実行実務まで計200件程の案件に従事。その他、コンサルティング業務等も行いながら、営業成績全店NO.1を獲得。銀行での現場経験から「金融情報の非対称性を解消し中小企業に貢献したい」と考え独立。懇切丁寧で元気を与える対応がウリ。営業経験を元にクライアントのセールスからマーケティングまで関与し売上増加に寄与。企業再生の経験から導き出された信念は「どんな中小企業にも強みや資産はある」ということである。このメッセージは講義、小冊子、そしてオンライン上で発信中である。

・保険代理店 根本保険企画 代表

・2021年度 飯能青年会議所 経営資質向上委員会委員長

【根本寛也の上位資質(クリフトンストレングス)】

①最上志向②親密性③学習欲③内省④自我⑥目標志向⑦未来志向⑧戦略性⑨分析思考⑩規律性

研究項目(テーマ)

・借入金と団体信用生命保険の関係

・DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

・セールスライティング