会社の死

人の死を経験するほど辛いものはありません。

 

これが会社であっても同じことです。

 

会社の死を「倒産」といいますが、自分の分身のように育て一緒に歩んできた会社の倒産は、他人様に迷惑を掛けるのと同時に自分の人生も奪ってしまいます。

 

しかし、この恐ろしい会社の倒産に対して世の中の社長は、 余りにも無頓着で無防備です。

 

とくに会社の倒産の引き金は、すべて「資金ショート」から始まるのですが、この ”資金繰り” の知識が足りないのが現実です。 

 

たとえば、資金繰りと聞けば、それは「会社の資金繰りが苦しくなった時に銀行などから"資金を調達すること"」といった非常に偏った知識ではないでしょうか。 


これを物語るように世に出回っている書籍やコンサルティングの中身は、ほとんどが調達やリスケジュール(条件変更)の話が中心になっています。 

 

しかし、ここで立ち止まって ”銀行などからお金を借りる行動原理” を振り返ってみて下さい。

 

そもそも他人様からお金を借りる調達行為は、設備資金を除いて短期の資金ショートか投資的効果を狙ったものであるはずです(これを専門用語では、「テコの応用」といいます)。 

 


よって調達資金は早期に回収して即刻返済することが鉄則でした。

しかし現実は違います。 

 

 

借りる動機も曖昧ですが、返済原資の回収方法も非常にアバウトです。 

 

この安易な調達行為のその末路は決まって ”借金過多” になるか ”リスケジュール(条件変更)” へと流れていくのは、多くの倒産会社が証明してきてくれているのです。

 

 「こんなはずではなかった・・・」

 

では済まされないのです。 

では、その打開策は・・・? 

この難問題を「社長と協働で乗り越えていく」。 

 

このような考え方を持ったコンサルタントが本物のコンサルタントであり、会社の命を救う名医になれるのです。 

 

最後に・・・

 

 

会社の成功のための原則などありませんが、失敗には法則があり原則があります。 

 

ある人がこう言いました。 


成功はアートであり、失敗は"サイエンス"である」と。 

資金繰り改善コンサルティング

 ​倒産アラーム

代表 佐藤 克行

ミッション

一社でも多くの会社を倒産地獄の危機から救ってあげたい。

これが神様から与えられた私たちのミッションであり、私たちの存在理由なのです。

​【関連会社】

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-20
モナーク川越602号
TEL.:049-256-7610
FAX.:049-272-3758

営業時間

平日・土曜日 9:00~18:00

​休日 日曜日・祝日

載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断転写・転載を禁じます。

Copyright © 2018倒産アラーム All Right Reserved.