どうすれば会員が増えますか?

@川越の倒アラ事務所にて



どうすれば会員が増えますか?と、某商工会議所から相談されました。


ターゲットである中小企業に、有益な情報を、最適なかたちで、継続的に届ければ、会員は徐々に増える。


と、それなりの答えを返したみたいですが、どこの組織団体も集客に困っていますね(じつは、ウチの佐藤がその某商工会議所の経営相談役をしています)。

いまちょっとした企画で、全国の大学に向けて、大学再生みたいなをことを仕掛けているのですが、調べてみるとほとんどの大学は定員割れ。


ほとんどの大学が経営不振なんですね。


要は、学生を集められない。



考えてみれば、ほとんどの市役所も税収が厳しい。


市民人口が増えない。


ほとんどの病院も経営不振(病院は、それこそ集客が肝なビジネス)。


どこの組織団体も集客に手こずっていますね。



一方で、どこの業界にも、ほとんど広告宣伝をしていないのに、人が絶えない組織団体もあります。


この違いは、何なのでしょうか?



まず言えることは、その組織団体の存在価値、存在理由ですね。



先の某商工会議所でいえば、会員さんがなぜ商工会議所を利用したいのか?


どうしてもお世話になりたい理由は?


その商工会議所でしか、得られないモノってなんなのか?



そんなことを見つめ直すと、何かが見えてくるかもしれませんね。


ほかの組織団体でも同じことがいえます。


その辺りのコンセプトを整えられらば、大雑把にいえば、あとは、やるかやらないか。


グリット力(やり抜く力)だけです。



さぁ、考えてみましょう。


自分たちが獲得したいお客さんは、何を望んでいるのでしょうか。


わからなければ、私たちと一緒見つめ直してみましょう。



ー根本寛也

1回の閲覧0件のコメント

​【関連会社】

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-20
モナーク川越602号
TEL.:049-256-7610
FAX.:049-272-3758

営業時間

平日・土曜日 9:00~18:00

​休日 日曜日・祝日

載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断転写・転載を禁じます。

Copyright © 2018倒産アラーム All Right Reserved.