なぜ資金ショートするのか?

@川越の倒アラ事務所にて


今回は、「資金ショート」について話そうと思います。資金繰りの根幹の部分の話ですね。非常に大事なことですので、ぜひ最後までお読みください。



そもそも「資金ショート」とは、どういう意味でしょうか?


みなさんすでにお分かりだと思いますが、一言で言うと資金ショートとは「資金が足りなくなり、支払いができなくなってしまうこと」を言います。


これを世の中では「倒産」といいます。


決して赤字続きだから潰れるのではなく、資金が続かず支払いができなくなるため倒産してしまうのです。


続いて、「黒字倒産」という言葉がありますが、これはどのようなものでしょうか?


これは「黒字(=利益を出している)を出しているけれど、資金が滞り、倒産してしまう」ことを指します。


どんどん深堀していきますが…


なぜ、黒字(利益)を出しているにもかかわらず、資金が足りなくなってしまうのでしょうか?


これは現金取引の会社はイメージがつかないと思いますが、「掛け取引」をしていると黒字倒産の恐れがあります。



また用語説明になってしまいますが、「掛け取引」とは何のことでしょうか?


掛け取引とは、わかりやすく申し上げますと、「ツケ」のようなものです。

取引をしその場でお金を払うまたは受取るのではなく、後日清算することです。


受取る側の立場で考えると、その場で売上げたお金が入ってこないので、もし他で支払いがあると一時的に資金を立て替える必要があります。


資金がたくさんあれば立て替えるのも苦ではないですが、お金がなかったらどうやって支払いをしよう…と悩んでしまいますよね。



本題に戻り話を整理しますが、黒字倒産とは利益(=黒字が出ている)が出ている、または売上はたっているけれど、「掛け取引」により資金が入ってこないため、支払いができず、倒産(=支払えない)してしまうのです。


非常にもったいないお話ですよね。



続いて、黒字倒産が起こりうる原因である「掛け取引」についてもう少し会計をまじえて説明してみたいと思います。


前置きとして、これから少し小難しい話になりますが、付いてきてください。

よろしくお願いします。



みなさんの会社でも作成している「試算表」や「決算書」のなかに 損益計算書(P/Lと言う売上や利益が載っている表)というものがあるかと思います。


実は、損益計算書を作成する際に、税理士は会計のルールに従って作っています。


どのようなルールかというと「発生主義の原則」というものです。


これはどのようなものかというと、収益や費用を計上するときに「現金の収入や支出のタイミング」ではなく、「収入や支出が確定した時点」の日付で計上する、というものです。


これでは良くわからないですね。


もう少し噛み砕いて説明すると、例えば、「掛け取引」において、商品やサービスを提供した時点で会計上は売上として計上しますが、お金自体は後日受け取るということです。



もう一度書きます。



お金が入ってきた、もしくは支払ったタイミングではなく、商品を渡した、商品を受取った時点で売上や費用を計上するのです。なにが言いたいかというと、現金の動きと売上や費用の計上するタイミングは、タイムラグが起きるのです。



会計では、黒字か、もしくは赤字かをみるときに


収益 ― 費用 = 当期純利益


という考え方をします。



もっとわかりやすく表現すると、


売上 ― 費用(仕入) = 黒字か赤字


のようなものです。



ここで先ほどご説明した「発生主義の原則」について触れます。


売上を上げて、最終的に黒字になっていたとしても、お金が実際口座に入ってくるのは数か月後。そうすると黒字は出ているが資金繰りが苦しくなってしまうという現象が起きるのです。


変な感じですが会計と経営ではお金の動きがずれるのです。

ですので結論として、黒字なのにお金が無いということが起きるのです。



そこで資金繰りにおいて、この会計のからくりを解く考え方があります。


それが


収入 ― 支出  = 残高


です。



要は、現金の動きでとらえていれば、あれ?お金が無い、というこの現象は防げます。



この単純な式を、表にしたものが「資金繰り表」というものです。


試算表や決算書では現金の動きは捕まえられません。


会社の生命線ともいえる資金繰りを確実に実行していくためにも「資金繰り表」が不可欠なのです。


当たり前の話ですが、そもそも毎月支出がたくさんあり収入以上になってしまうと残高は減ってしまいます。


経常的に残高が減り(=赤字)続けてしまうと、もちろん現金はなくなり、資金繰りは圧迫してしまいます。


これは前述した売上がたっているけれど、入ってくるべき現金が入ってこない(=収入がない)ということが資金繰りを圧迫している原因とも考えられますが、そもそも根本的に無駄な支出が多い場合があります。



資金繰りが圧迫している会社に対し、よくこのような例え話をします。


「沈没しそうな船(=会社)がまず第一優先にすることは、積荷を海に捨て(=支出)、船を軽くする」。


これは会社でも一般家庭でもそうですが、現金を増やす・貯めるには、まずは無駄な支出を削減できないかを検討します。



当たり前の話ですよね。



必要な経費(売上や利益に貢献する経費)は仕方ないですが、1円でも無駄な経費は出さないという心構えが大切になります。


ここでひとつ経費を削減するために効果的な方法をご紹介します。


それは、「経費の勘定科目をなるべく細かく設定する」です。


例えば、「消耗品費」です。事務用品や10万円以下の固定資産など、この消耗品費に一括して含まれてしまいますが、これを細分化し各それぞれを管理することによりコスト意識は生まれます。


例えば「コピー用紙」とか、「ボールペン」とか‥。

意外と無駄に費用がかかっていることに気が付くはずです。


面倒ではあるかと思いますが、ぜひ勘定科目を設定することと、資金繰り表を作ってみることを実践してみてください。



P.S. もし資金繰り表の作成方法がわからなかったり、具体的に支出の見直し方法がわからない場合は、お気軽にご連絡ください。LINE@でも有益な情報を発信していますので、ぜひご登録ください↓


https://line.me/R/ti/p/%40hfy7352j

1回の閲覧0件のコメント