ビジネスで最も大切なもの。キャッシュより大切な資産とは?

最終更新: 1月9日

@川越の倒アラ事務所にて




資産とは、、、


”売上” や ”利益” 


を生むものです。





仕事で使えない資産は、


資産ではありません。




資産の元を辿ると、資産は現金が姿を変えたものです。




例えば、



現金 → 建物・車両・土地・機械


現金 → 棚卸資産


現金 → 情報


現金 → 人(BSには載ってこないが)





資産を使って営業活動をして、売上・利益をあげます。



そして、資産はまた現金に戻ります。



これの繰り返しです。



わかりますか?





多くの企業でみる現象は、資産がお金を生んでいません。



資産が資産では、なくなっているのです。





理屈からいえば、


現金から姿を変えた資産は、


同じ金額の(またはそれ以上に)現金になって戻るはずです。





何が言いたいかというと、


含み損になっている資産が自社内にありませんか?


ということです。





昔の人の言葉で、



・現預金  → 元気与金


・売掛債権 → 売欠災圏


・在庫商品 → 罪古障害品


・固定資産 → 固定死産



と言ったものです。




あなたの会社にこんな資産があったら、


儲かっていない証拠でしょう。




つねに綺麗な帳簿を心掛けてください。



売上や利益を生む資産だけを揃えてください。




ー資金繰り改善士 根本寛也





P.S.

ちなみに、倒産メカニズムもいま調査・研究しています。

会社が潰れるメカニズムを研究している方は、

日本で5名ぐらいしかいないらしく、理論体系が確立していません。


全国の中小企業のためにも、

この倒産メカニズムをまとめあげようと考えています。





P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

追記1の情報も無料メルマガでお伝えしています。


無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2


一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。