世界三大投資家のひとり、ジムロジャースさんにお会いしました!




@倒産アラームの事務所にて


2019年9月12日、世界三大投資家のひとり、ジムロジャースさんにお会いさせて頂きました。

弊社の関係先である(株)LA DITTA代表取締役である小里 博栄さんのご招待により実現しました。


小里さんは今般、ジムロジャースさんに、シンガポールで取材し、我々が手に持っている「日本への警告 米中挑戦半島の激変から人とお金の動きを見抜く(ジム・ロジャース、講談社)」の出版を手掛けました。


現在、大ヒットベストセラーの本になっています。


ジムロジャースさんへ

「あなたが世界中の企業に投資してきた経験を踏まえて、あなたにとって良い企業の定義とは何ですか?」

と、ご質問をしました。



すると、その答えは、


「良い企業は時代のニーズに合った仕組みを考え、常に変化する」


と仰っていました。


まさしく、その通りですね。

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残り、そして良い企業なんですよね。


ー根本寛也

3回の閲覧0件のコメント