事業計画書

@川越の倒アラ事務所にて



今回は、「事業計画書」について書こうと思います。


皆さんの会社では、もちろん事業計画書を作成されていると思います。

もしまだ作成していなく、今ドキッとされた方は、いますぐに着手して下さい。


必ず作ってください。



なぜ、事業計画書を作るかと申し上げますと、答えは簡単です。


会社がこれから進む道筋を立てるためです。

決して、他人のためではありません。



正月明けに、皆さん個人的に去年の反省と、今年の目標を定めると思います。

そして、1年間その目標に向かって、まい進すると思います。


途中で予定が変更になれば、目標を変えるか、やり方を変えると思います。

会社もそれと同じなのです。


目的、目標、やること、やり方、やる順番、考え方等を整理する作業が事業計画書作成なのです。


当然、事業計画書があると銀行などの外部に対しても評価はあがります。


この社長は、長い先まで見据えて、考えていらっしゃる方だな、この考え方であれば、この会社の事業も大丈夫そうだな、と銀行も思うはずです。


そのような点からも、必ず事業計画書は作成してください。


強制的にやるものではありませんが、自社を守るため、成長するためにぜひとも取り組んでいただきたいです。


なお、作成方法等はたくさん参考書があると思います。


自分に合った本を探すと良いかと思います。



参考までに…


わかりやすくて、内容をまとめやすい、私のオススメの本は、「起業したい人への16の質問 ガ―バー流事業計画書の作り方」著者 堀越 吉太郎  発行所 (株)秀和システムです。


私のお気に入りの本のひとつです。

1回の閲覧0件のコメント