代表の佐藤が倒産アラームをはじめた理由

@川越の倒アラ事務所にて


今回は「当社設立の想い~裏エピソード①~」ということで、代表者である佐藤が資金繰り改善アドバイザーをやろうと決意した理由をお話ししたいと思います。


まずはじめに、佐藤の経歴等をプロフィールでご覧になった方は、おわかりだと思いますが、この方は「とんでもなくすごい方」です。



税理士資格取得者、名物大学講師、公共機関の相談役、会社経営者…



これだけでも権威があるのがわかりますよね。


これほどすごい方なので毎日が目まぐるしく忙しいなか資金繰りアドバイザーをしております。



なぜこんなに忙しいのにも関わらず、アドバイザーをしているか。


べつに、収入に困っているわけでもないのに。


実は、そこには佐藤の熱い想いがあったのです、、、。




少し過去にさかのぼってみたいと思います。



佐藤は若かりし頃、税理士顧問として数々の会社の税務・財務に関与してきました。


税理士であるため、会計に関しても精通しております。


しかし、佐藤はただの税理士ではありません。



税務関係の判例を勉強するため大学院に通ったり、会計を極めるため多額の自己投資をするなど昔から勉強熱心な方でした。


そのほかに、お客様の会社経営に携わるため経営学や営業学など経営面に関しても造詣が深いのです。



それもそのはず今でも年間1000冊の本を読破していますからね。


経営に関しプロフェッショナルな佐藤ですが、とくに一番精通しているのが「中小企業の資金繰り」です。




そのような経営および資金繰りに関し圧倒的な経験値のある佐藤でも、じつは過去に失敗体験があります。




それはあまり大きい声では言えませんが…


深く関わっていたある会社が潰れてしまったのです。



資金繰りに細心の注意を払いながらも最悪の事態になってしまいました。


このお話は今ではいい経験といえますが、当時は相当ショックな出来事でした。



資金繰りは企業にとって本当に大変なものです。


ひとつ間違えるだけで会社がなくなってしまうのですから…。


このように佐藤は現在まで数十年かけて良い経験も苦い経験も、様々な経験を積んできました。




佐藤は現在63歳です。


残り数年でリタイアを覚悟しているようです。


佐藤は、リタイアするまでの最後の数年間、今まで培ってきた貴重な資金繰りの経験・知識・ノウハウを“タダでもいいから、引退するまでに中小企業の皆様にお伝えしたい”そのような熱い想いがあるのです。



佐藤は、数十年間、数々の会社の資金繰りに携わり、資金繰りおよび企業再生には、独特のノウハウが必要だと言っています。


経営者自ら、その独特のノウハウを1から覚えるのは不可能です。


なぜなら、経営者は会社経営のなかで、資金繰りを失敗できないからです。




会社経営のなかで、資金繰りに失敗するとは、「倒産」を意味しております。


失敗が許されないなかで、経営者は手探り状態で経営を実行していかなければなりません。


そのような厳しい環境下のなかで、佐藤が今まで培ってきたものを、少しでもお伝えし、会社経営に役立てて頂ければ幸いです。


ひとりで悩まれるよりも、専門家にお話を聞いてもらったほうが、ずっと気持ちが楽になると思います。


気軽に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

0回の閲覧0件のコメント

​【関連会社】

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-20
モナーク川越602号
TEL.:049-256-7610
FAX.:049-272-3758

営業時間

平日・土曜日 9:00~18:00

​休日 日曜日・祝日

載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断転写・転載を禁じます。

Copyright © 2018倒産アラーム All Right Reserved.