営業とは?

@川越の倒アラ事務所にて




どちらの会社でも、営業は必要不可欠な要素だと思います。


私自身も銀行で営業をやらせていただきました。


転職した今現在でも毎日のように営業しております。


なんとなく営業をされている方もいれば、営業についてしっかり勉強されている方もいらっしゃると思います。


そこで今回から、私も今現在も日々磨きをかけている「営業」について知っている限り、ノウハウを皆様にお伝えできればと思います。


たまにブログに書くことにします(笑)


私が実証済みのやり方なので、一定以上の効果は出せると思います。


さっそく質問ですが、 「営業」に求められる能力として、4点あるのはご存知ですか?



1つ目は知識、


2つ目がスキル、


3つ目が気持ち、心構え、


4つ目が個人的な資質です。



「何となく予想が付いていました!」という方が多いのではないでしょうか。


よく営業セミナーなどで、これら4つの要素のうち、どれも欠けてはいけない。


1つでも「0」のものがあると、すべては掛け算方式なので、答えは0になってしまう、なんて言われます。


確かにそうですね。


常にどれも向上を図る必要があります。


「でも、一方で、営業のなかでもスキルって天性の才能なんじゃないの?」て思われる方もいるかと思います。


実は営業スキルは、「理論」や「コツ」さえ知っていれば、誰もが成績を伸ばせます。


ただ残念ながら、皆さん、その方法を知らないだけなんです。


その方法を知らずに、ただ感覚だけで営業してきて、見える化、マニュアル化していないので、上司も部下に指導できないのです。


「営業スキル」については、科学的な根拠、裏付けが取れているやり方があるのです。


これ知りたいですよね?


私もこれを知ったとき衝撃を受けました。


意外と基本的な事だったので(笑)


巷で流行っている、ウルトラC的なやり方ではありません。


今回は文字数に制限があり書けませんが、これから「営業スキル」ついて何度か書いていきます。(他にもたくさん書きたいことがあるので、頻繁には書けませんが)


1つ今回伝えられるとしたら、「営業は、お客様の目標を達成させる、成功に導かなければいけない」ということです。

3回の閲覧0件のコメント