こんな現象が起きはじめたら要注意!潰れる会社の"前兆" とは?

更新日:1月9日

@埼玉県川越市の倒アラ事務所より




「潰れる会社って "前兆" がでますか?」


って、


質問されました。


その答えは、もちろん出ます。





潰れる会社の流れは、



・資本に欠損が生じている、または生じる状態にある。



・資金不足を補うため取引先に支払延引依頼



・信用不安が広がる



・低利での資金調達が困難になる。



・短期間に多大な資金調達を行う



・企業倒産





これらをもっと端的にいえば、


・赤字発生

・融通手形失敗

・銀行の支援ストップ

・高利金融からの借入


などの事象がでます。

(「企業倒産予知情報の形成-会計理論と統計技術の応用-」より。著者:白田佳子、中央経済社)





一度負のスパイラルに入ると、


どんどん加速して悪化します。


負の状況から抜け出す術がわからないのでしょう。



早めに対策すればするほど助かる確率は高まりますが、


応急処置と対策がわからないのでしょうね。



しかし諦めたらその時点で終了です。


諦める前に、まだ "情熱""やり抜く気持ち" があればご連絡ください。




ー資金繰り改善士 根本寛也

P.S.

弊社資金繰り改善サービスは5社限定です。

すでに埋まってしまっていますが、、、

情熱がある方は、ご連絡ください。


サービス内容はこちらから

https://www.tousanalarm.com/service

P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。


無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2

一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。

15回の閲覧0件のコメント