試算表は作ったほうがいいですか?

更新日:2020年11月11日

@川越の倒アラ事務所にて




「試算表は作ったほうがいいですか?」


と、たまに聞かれます。





その答えは、儲けたいのであれば作ってください。



儲ける気がないのなら、作らなくていいです。







そもそもなぜ作るのか。




税理士のため、ではないです。


銀行のため、でもないです。




いちばんは、あなたの会社のためです。






月次試算表は、先月の結果が数字でみれます。



数字は、行動の結果です。




その結果は、求めていたものと比べてどうだったでしょうか?



思ったより、良かったのか?



思ったより、ダメだったのか?




なぜ、そうなったのか?



必ず理由、根拠があるはずです。





その理由を踏まえて、


今月は改善してください。







いま行われているオリンピック。






スポーツ選手も試合をやって、


反省点や改善点をあぶりだして、


練習で修正します。




そして、また試合をします。




その繰り返しです。







ビジネスも一緒です。





スポーツ選手がビデオで試合を振り返るように。



ビジネスも試算表で振り返ってみてください。



何かがみえてくるはずです。





何も見えなければ相談してください。



優しく教えてあげますから。




わからない人は、みてる場所が違うか。



見方がわからないか。



試算表を作ってないか。



そんなかんじだと思います。



ー資金繰り改善士 根本寛也





P.S.

ちなみに、倒産メカニズムもいま調査・研究しています。

会社が潰れるメカニズムを研究している方は、

日本で5名ぐらいしかいないらしく、理論体系が確立していません。


全国の中小企業のためにも、

この倒産メカニズムをまとめあげようと考えています。





P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

追記1の情報も無料メルマガでお伝えしています。


無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2


一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。

3回の閲覧0件のコメント