ウソのようなホントの話!豊富にある現預金が資金繰りを悪くさせている!

最終更新: 1月8日

@埼玉県川越市の倒アラ事務所より




"豊富にある現預金"


が資金繰りを悪くさせる、、、




なんて考える経営者は少ないです。





じつは、現預金も


"資産"




資産は、コストがかかる。






正確には、、、


現預金にはコストのかかるものと、


コストのかからないものがある。





"儲けた現預金" は、コストはかからない。


"借入して手許にある現預金" はコストがかかる。





実際に借入の実質金利を計算してみると、、、


意外とキャッシュアウトしている。





毎月ただ通帳から返済が引き落としされているから気にならない。



注意深くみてみると、意外と支払利息はかかっている。





現預金がたくさんあっても、


借入でプールされているだけなら高くついてしまう。






これを整理するだけでも、


資金繰りと財務内容はよくなる。





決して、借入を否定しているわけではない。




借入は、生かすも殺すも借り方次第。




無駄な借入は資金繰りを圧迫する。





ご注意してください。





良い借入か、悪い借入か。




借入するべきか。




しないべきか。




わからなければ、私たちと一緒に考えてみましょう。






ー資金繰り改善士 根本寛也


P.S.

弊社資金繰り改善サービスは5社限定です。

ご連絡はお早めに。

(すでに埋まっていますが熱意によっては受けます)

サービス内容はこちらから

https://www.tousanalarm.com/service



P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2

一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。