資産がお金に見えてくる、この病気は何ですか?

最終更新: 1月9日

@川越の倒アラ事務所にて



「資産がお金に見えてくる、この症状は病気ですか?」


という面白い相談を、


まじめにされました。






「それは良い病気ですね!」


って答えておきました(笑)。






資産は、現金が姿を変えたものです。


なので、資産は全てお金です。



お金に換金できるものです。





在庫品はただの商品ではなく、


在庫品はお金になります。





商品、という物質ではなく、


「お金」が積まれていると考えましょう。





小規模企業でよくある不思議なことで、


毎日手許現金は数えるのに、なぜか在庫品は数えない。




在庫品もお金なのに。





お金がホコリをかぶっていますよ。



あ、在庫がホコリをかぶっていますよ。





大事なお金がゴミ箱に捨てられています。



あ、それはまだ使える文房具でした。





全ての資産がお金に見えてきたら、


かなり”良い”病気です。






神経が研ぎ澄まされてきましたね。



その調子で、病気と付き合ってください。




良い病気かどうか、診断してあげますから。


一度、ウチに受診してください。




ー資金繰り改善士 根本寛也





P.S.

ちなみに、倒産メカニズムもいま調査・研究しています。

会社が潰れるメカニズムを研究している方は、

日本で5名ぐらいしかいないらしく、理論体系が確立していません。


全国の中小企業のためにも、

この倒産メカニズムをまとめあげようと考えています。





P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

追記1の情報も無料メルマガでお伝えしています。


無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2


一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。