資金繰り表は作ったほうがいいですか?

更新日:1月9日

@川越の倒アラ事務所にて



「資金繰り表は作ったほうがいいですか?」



この質問にたいする答えは、、、




会社を潰したくないなら作ってください。






取引がまだまだ少ない、


現金取引のみ、


っていう会社はなくてもいいです。





それでも、


作るノウハウや癖をつけるという意味では作るべき。




零細企業のほとんどが作っていないです。





資金繰り表の存在すら知らない会社もあるほど。





税理士や銀行は何を教えているんだろ


って思っちゃいます。





どんなに年商規模が小さい会社でも、



・回収サイトと支払サイトのバランスが悪い会社


・支払手形をきっている会社


・資金をプールしていきたい会社



などは、作るべきです。






「資金繰り表は作ってないけど頭の中に支払いの数字は全部わかってる」


って言う社長が多いです。




そんな会社ほど、資金ショートします。




人はウソつくけど、数字はウソつかないですから。





それと、



「固定費などの支払いは予測できるけど、将来の売上はわからない」


っていう相談をよくされます。





これにもノウハウがあります。





目標や計画は、


達成することも大切ですが、


目標や計画の設定のほうが難しく、


とっても大事です。





このへんのやり方は、相談してください。




優しく教えますから。


資金ショートする前の事前準備がキモですよ。





ー資金繰り改善士 根本寛也





P.S.

ちなみに、倒産メカニズムもいま調査・研究しています。

会社が潰れるメカニズムを研究している方は、

日本で5名ぐらいしかいないらしく、理論体系が確立していません。


全国の中小企業のためにも、

この倒産メカニズムをまとめあげようと考えています。





P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

追記1の情報も無料メルマガでお伝えしています。


無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2


一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。

3回の閲覧0件のコメント