物やサービスが溢れかえっている現代で、選ばれるために何をするべきか?

更新日:1月8日


@埼玉県川越市の倒アラ事務所より




(倒アラのミーティングの雑談より)



どんな企業も、


"強み" を活かして、


"差別化" を図ろうとする。




商品サービスの"質""スペック"


"違い"


を生み出そうとする。




ただ、それは企業側のこだわりであって、、、




購入者(消費者)は、そ


こまで違いを理解していないのが現状。




と、いうより、


商品アイテムが多すぎて、


何が何だかよくわからない状況。




どんな業界でもモノが溢れすぎている。




例えば、


スーパーに行って洗剤コーナーはどうだろうか?


汚れの落ち具合が、企業同士でそんなに違うか?


匂いの差、しかわからない。




歯ブラシコーナーはどうだろうか??



こんな具合に、


素人は違いがイマイチ理解できないのである。




というより、


理解しようとも、していないかも。




では、


お客様目線で、


選ばれるためには何をすればいいのだろうか、、、?






ー資金繰り改善士 根本寛也


P.S

ご相談は下記よりお願いいたします。

こちらから




一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。


14回の閲覧0件のコメント