銀行借入の利下げの実例

更新日:1月12日



@川越の倒アラ事務所にて


数年前、


銀行借入の利下げと借換えをお手伝いさせていただきました。


(あんまり実例を出すのは好きじゃないのですが、たまには)




どういう内容かというと、、、


板金加工業をしている業歴7年目の会社。




社長と工場長、臨時で2人の方に手伝ってもらっている、


2〜4名の小さな会社です。




数年前までは、


メインの取引先の景気が良く、この会社も儲かっていました。




しかし、


そのメイン取引先が経営不振になり、


また圧力的なやり方に耐えきれず取引解消。



それから売上が減少してしまいました。




売上は減少したものの、もともと利益率は良いことから、


なんとか利益は出していましたが、



売上減少ダメージは大きく、


金詰まりを起こしそうなところでした。




そして、


金回りを改善するため銀行借入にメスを入れました。




内容は、


土地と工場の設備資金と、2本の運転資金を借入していて、


それらの利下げと借換えです。




土地と工場の借入は、


残りの借入期間が20年弱あるので、


利下げができると長い目では結構なコストダウンになります。




運転資金も、利下げによるコストダウンが図れます。




また金回りがキツくなっていたので、


借換えにより返済額が落とせれば、金回りもラクになります。




そして、いつものように、


社長から銀行に一言言ってもらいました。





その結果、どうなったと思いますか?





設備資金の金利は、


2.85%が1.75%(▲1.1%)になり、




運転資金は、


① 2.30%、② 2.50%の2本を1本化し、


金利を1.8%に組み直してもらいました。





これらの利下げの手続により、


総支払利息は1,117,000円減らすことができました。




社長も、


「まさか、こんな一言で金利が下がるとは思っていなかったです!」


と、びっくりされていました。




純利益で100万円上げようとすると、


最終利益率が仮に5%だったとしても、


売上が2000万円必要ですから、


「ある一言」で利下げに成功したのは大きいですよね。




今年もこの会社は、


借換えをして収支は黒字になりました。




まだまだ売上は回復していませんが、


お金については少し安心できる状態になりました。




わたしもホッとひと安心。




ちなみに、この案件も無料でやってあげました。



ちょっと知っているか知らないかで、


使えるお金が変わるのは大きいですよね。



ー資金繰り改善士 根本寛也



P.S.

弊社資金繰り改善サービスは5社限定です。

ご連絡はお早めに。

(すでに埋まっていますが熱意によっては受けます)

サービス内容はこちらから

https://www.tousanalarm.com/service


P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2

一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。

2回の閲覧0件のコメント