進化する調達方法 ~2017年の資金調達の見通し~

最終更新: 1月8日

@川越の倒アラ事務所にて



1週間、インフルエンザで寝込んでしまいました。




やらねばならぬ仕事がたくさんあり焦りましたが、


年末までに治って良かったです。




2016年も残りわずかとなりましたが、


これ以上何事もなく年を越したいと思います。







さて、今回の記事は


「来年の資金調達の見通し」について書こうと思います。




2017年は、資金調達の方法も変化が起きる年だと感じています。





間接金融の銀行調達でいえば、


融資に対するスタンスが変わってきました。




手続きの中身も変わってきていますし、


与信判断の内容も多少変化が出るでしょう。






ある情報では、



現在、運転資金の資金調達は、


証書貸付が大部分を占めていましたが、


これからは手形貸付の割合も多少増えるのではないか、



という話になってきています。






これにより、



どうなるか、


どういう影響が出るか、



別の機会に触れたいと思っています。






また先日、弊社も携わったクラウドファンディング。



創業資金や少額の運転資金、設備資金であれば、


当たり前にクラウドファンディングを利用する時代がくるかもしれませんね。






使いこなせるようになったら


中小零細企業の資金調達の幅はすごく広がると思います。





資金調達と一緒に全国に自社のファンも獲得できるという恩恵もありますし、


業種によっては資金調達の主流になるかもしれませんね。







続いて、ファクタリング。


ファクタリングも使い方によっては非情に有用なものだと思います。




ただ、ファクタリング会社は7~8割はブラック企業だったり、


詐欺が多かったりするので、


事前に自社でリサーチするか、


当社に相談してもらえればと思います。




いずれにしても、



活用方法、


使うタイミングを間違えなければ、


強い味方になってくれるでしょう。






来年については、


当社も本の出版やクラウドファンディングなどの計画が盛りだくさんなので、


自ら仮説と検証を繰り返しながら


新鮮で実態を交えた情報をお送りしたいと思います。




ー資金繰り改善士 根本寛也

P.S.

弊社資金繰り改善サービスは5社限定です。

ご連絡はお早めに。

(すでに埋まっていますが熱意によっては受けます)

サービス内容はこちらから

https://www.tousanalarm.com/service

P.S 2

無料メルマガの情報を通して、ご自身で資金繰り改善する方法もあります。

今なら書籍など無料プレゼントしてますよ。

無料メルマガ登録はこちらから

https://www.tousanalarm.com/mail-magazine2

一時的な資金繰り改善ではなく、根本的な問題解決(社長の考え方と行動を変革させる)をコンセプトに展開している資金繰り改善コンサルティング会社。

中小企業の資金繰り改善、ご相談をお求めなら、

埼玉県川越市の資金繰り改善コンサルティング会社

倒産アラームへ。